キャッシングやローンの審査は信用度が重視されるのは言うまでもありません。

だとすると携帯電話料金の支払いが遅れた経験を持っていると影響があるのか?この点について解説します。

結論から言うと。

最初に結論を言ってしまうと、携帯料金の支払いの遅れは審査に影響する場合としない場合があります。

「ハッキリしない答えだなぁ!」と言われてしまいそうですが、携帯料金の内容によって違ってきます。

どういうことかと言うと、料金に分割払いが含まれている場合は影響があり、そうでない場合は影響しないと思ってもらえれば大丈夫です。

例えば携帯端末を分割払いにしているような場合がこの分割に該当します。

審査会社と携帯電話会社は裏でつながっているのか?

そもそもキャッシング・ローン審査で、携帯の支払い遅れの事実を知るためには、融資会社と携帯電話会社が何かでつながっていないと成り立ちません。

そのつなぐ役目を果たしているが、キャッシング・ローン審査の際に使われる信用情報機関です。

携帯電話は基本的に誰でも契約できるので、信用情報機関を利用するほどのキッチリした審査とは縁遠いイメージがあります。

万一、料金の滞納があれば電話を止めてしまえば事足りるので、携帯会社が信用情報機関を利用する必要性は本来ありません。

ただ例外がひとつあって、それが鍵を握っています。

分割払いが審査に影響する

ちょっと小難しい話になりますが、携帯電話各社は、分割払いを規制する法律(割賦販売法)で信用情報機関を利用することを義務付けられています。

携帯端末の分割払いは、借金の分割払いとはちょっと性質が違いますが、とはいえ信用で成り立っているということでは同じです。

なので、もし携帯の分割払いに遅れがあれば、事故として信用情報機関に登録しないといけない携帯会社側の事情かあります。

その結果、携帯分割払いで起きた滞納事故は、信用情報機関を通じて融資会社でも知ることができるというわけです。




なお、個人情報の目的外利用はできないので、分割払いでない通常の携帯料金は、万一支払いが遅れても信用情報機関に登録されないので大丈夫ということになります。

携帯電話を分割払いで購入しただけでも信用情報機関が絡む

ちなみに、携帯電話を分割払いで購入しただけでも、携帯電話会社は信用情報機関(CIC)を利用します。

CICに登録されているあなたの他のクレジット等の利用状況を閲覧しますし、「スマートフォンの分割払い契約をした」という事実を信用情報機関に登録します。

【参考サイト】

株式会社シー・アイ・シー「スマートフォンを分割払いで購入したときの携帯電話会社とCICの関係」
https://www.cic.co.jp/confidence/glance.html#youandcic

支払い遅れがあっても審査に通りやすいローンはある?

携帯の支払い遅れがあると、借り入れは難しいの?というと比較的その影響を避けて申し込める作戦があります。

どういう作戦と言うと、信用情報機関は複数ありますが、携帯電話会社が加盟している信用情報機関とは距離のあるキャッシング・ローンをターゲットにすることです。

ドコモ、ソフトバンク、auは、3つある信用情報機関のうちCIC(シー・アイ・シー)というセンターをメインに使っています。そのCICに加盟しているのが消費者金融や信販・クレジットカード会社です。

つまり、それ以外の業者というと銀行が浮上してきます。銀行が主に利用するのは、KSC(全国銀行 個人信用情報センター)という信用情報機関です。

CICとKSCがまったく情報交流がないわけではありませんが、ごく限られたものだけになります。

ですので消費者金融は避けて銀行カードローンに狙いをつけるのもひとつの手です。