柔軟審査で人気のライフティ

ライフティは東京都内(東京都中央区日本橋堀留町)に本社を構える中堅キャッシング業者です。

独自の審査基準で柔軟対応してくれることで人気急上昇の業者です。業歴が浅い今、積極的に新規顧客を受け入れているかなり狙い目の業者だとぜにぞうは思っています。

はじめての利用で35日間利息0円なのも魅力!

他の中小の消費者金融と違い、WEB上で借りれるかどうかの診断ができるので、急いでキャッシングしたい場合は、審査落ちして無駄な労力を使うリスクを避けることができます。

1991年創業の実績ある業者なので、安心して申し込めます。

実質年率 利用限度額 審査時間 即日融資
8.0~20.0% 1,000円~500万円 最短即日 困難
申込年齢 総量規制 来店必須の有無 職場連絡
20~69歳 対象 ネットで完結 あり

貸金業登録番号:東京都知事(6)第28992号、日本貸金業協会会員:第005552号

ぜにぞう

ライフティの類似業者にご注意!

「ライフティは闇金ですか?」という質問をよく受けます。ライフティの名前に似た闇金業者がいるので注意してください!

詳細はこちらのページで解説しています>>

審査の柔軟さを裏付ける3つの理由

消費者金融ライフティは、中堅の貸金業者の中で、独自の審査基準で柔軟対応してくれるという口コミ・評価がありますが、それを裏付けるものとしてぜにぞうが考えているのが以下の3つです。

  1. 中小ならではの戦術の審査基準
  2. 貸金業者のルーキーとしての対応
  3. 上場企業を親会社に持つ強み

理由1)中小ならではの戦術に基づいた審査基準

ビジネスの世界ではどんな業種であれ、会社規模に応じた戦術があります。

大手と中堅中小では、資金力や知名度が違うので、中小規模の会社が大手と同じことをやっていたらまず太刀打ちできません。

貸金業者もそれと同じで、ライフティのような業者は大手が手をつけないスキマを攻めるか、もしくは一点に集中して他社を圧倒する強みを作るかの戦術になります。

野球に例えれば、強豪チームに投手力や打撃力でかなわないチームが徹底的に足を使う野球に特化し、バントと走塁で相手をほんろうする戦術をとるようなものです。

ライフティが独自の審査基準で柔軟対応してくれるという口コミ・評価は、大手が相手にしない顧客を受け入れるための審査基準、つまり、より多くの属性のお客さんを受け入れるために、緩やかな審査基準で運営されていることが背景にあるからです。

理由2)貸金業者のルーキーとしての対応

実はライフティは、以前はゼィープラス株式会社という社名でしたが、2014年7月7日に現在のライフティ株式会社に社名変更しました。

社名変更するまでの事業のメインは信販事業(ショッピングクレジット)で、社名変更を機に本格的にキャッシング事業に力を入れ始めたようです。

つまり、本格的にキャッシング事業に参入したばかりのルーキーです。

貸金業のルーキーがまずしなければならないのは、とにもかくにも、安定的に商売を続けるために必要な固定客を確保することです。

貸金業者はお金を貸してナンボの世界なので、お客がいないのでは商売になりません。

消費者金融に限らず、どんな商売でも新規参入した場合は、まずは集客がいちばんの課題になることでは同じです。

ライフティも消費者金融業者として生き残るためには貸してナンボの世界なので、安定的な商売ができる顧客数を確保することが至上命令になります。

そして、消費者金融業者は、その重要性が他の商売よりも高く、獲得を急がないといけない事情があります。

早くルーキーを卒業して一人前の消費者金融になるためには、新規顧客の獲得が至上命令なので、審査がゆるくなるのはごく自然なことです。

ルーキーの審査がゆるくなるのは自然なこと

繰り返しになりますが、今、ライフティは喉から手が出るくらい新規顧客がほしい段階です。

ちょっと誇大表現だったかもしれませんが、今、新規顧客に対してウエルカムな状態であることは間違いないと、ぜにぞうは思っています。

なぜかというと、業者が新規顧客を積極的に獲得する時は、審査スタンスが変わるということです。

つまり、俗にいう審査が”ゆるく”なるということです。

商売の世界では、そういうことって珍しいことではなくて、例えば、ラーメン屋が新規オープンした際には必ず割引サービスなどがあります。

ラーメン屋が値段を下げてお客を呼びこむのと同じように、貸金業者は審査ハードルを下げて新規顧客を受け入れやすくします。

ぜにぞうが貸金業者マン時代にも、事業計画で顧客数を伸ばす方針が出た時には同じようなことをしました。

ライフティは、独自の審査基準で柔軟対応してくれる業者として知られていますが、その背景には上のような事情があってのことかもしれません。

申し込みするなら、今が最も借りれる可能性が高いタイミングです。

顧客増を加速させたい理由をもうけの構造から解説

事業歴の浅い貸金業者が顧客獲得を急ぐ理由は、もうけの構造によります。具体的に説明してみましょう。

例えば、50万円を年利18%で借りて、標準パターン(月々15,000円ずつ)で返済した時の1年間の支払い利息は約9万円で、これが業者のもうけになります。

でも、業者は通常、銀行から年利5.0~6.0%程度で資金調達して、その資金で僕らに融資するので、そのコストを差し引くと実質のもうけは6万円程度になります。

一人のお客から得られるもうけが1年間で6万円ということなので、例えば、年収300万円の社員を一人雇うとしたら50人の固定客が必要です。

貸金業の業務は、ざっくり審査、延滞回収、営業の3つがありますが、それぞれ特殊なスキルが必要なので少なくとも3人の社員は必要です。そうなると3倍の150人の固定客を確保しないと社員の人件費すらまかなえません。

ライフティの社員は60名以上いるので、実際にはもっとたくさんのお客を確保しておく必要があります。

さらにココでは人件費のコストしかみていませんが、もちろんそれ以外にもたくさんのコストがかかってくるので、それらをカバーするためには、かなりの規模の固定客を、できるだけ短い期間で確保する必要に迫られます。

以上のような事情があって、ライフティは新規顧客の獲得を加速している時期だと、ぜにそうは想定しています。

ただ、口コミが広がって人気が出て、営業努力をしなくてもお客が来るようになると、いずれ一定の固定客を確保した段階で審査基準を高くする時期が必ずきます。

なので、ライフティに申し込むなら早い方がよい、というのがぜにぞうの考えです。

理由3)上場企業を親会社に持つ強み

審査基準をゆるくすることは、ライフティだからできることで、他の中小業者ではなかなかできません。

というのは、審査を甘くすれば、必ず不良債権が増えるからです。はじめは顧客が増えてウキウキでも、不良債権になるリスクも増すので、カンタンに審査基準を下げることはできません。

本来は体力のある大手でないと審査基準を下げられません。なのに、なぜライフティがそれをできるかというと、ライフティにはムチャクチャ力強いバックアップがあるからです。

どういうことかというと、ライフティの親会社は一部上場の大企業です。

(詳細はライフティが闇金とは真逆の優良貸金業者といえる決定的証拠のページを参照ください)

審査をゆるくして、万一、不良債権で首を締められることになったとしても、資金力のある親会社がバックに控えているのでリカバリーが可能です。リスクにおびえることなく強気で商売できるのはかなり強みだと思います。

どの貸金業者も同じですが、細かい審査基準はベールに包まれていてわかりません。

でも、ライフティは上の3つの視点によって、審査ハードルの低さが客観的にわかります。それがぜにぞうがライフティを自信を持っておすすめできる拠り所です。

即日融資は可能?

結論から言うと平日、土日とも即日での借入れはできません。

というのも、新規申込から融資までの流れからそれが一目瞭然です。以下のような申込みの流れになっています。

  1. インターネットから申込み(24時間365日受付)

  2. 審査完了後、契約可能額が決定され連絡が来る

  3. 契約関連書面が自宅へ郵送される

  4. 契約関連書面到着後、借入れが可能

書類の郵送期間がある関係で物理上、即日での借入れはできません。

蛇足ですがライフティは振込キャッシング専門業者として開業し、2015年にカードキャッシングに移行しました。

契約にあたって書類の郵送もさることながら借入用カードの到着も待たないといけません。

カードキャッシングにより全国のセブン銀行ATMで利用できる利便性は高まったものの、即日融資についてはカバーしていません。

なお、申し込み自体は24時間365日インターネットから可能ですが、土日祝日は申込みの予約状態で保留され、審査に着手するのが週明けの月曜日になります。

月曜日の朝社員が出社してから事が動き始めるので、土日祝日をはさむ場合は借入れできるまで数日間要することになります。

専業主婦でも借り入れできる?

専業主婦でも何らかの収入がある人は借り入れできますが、「専業」ということは、家賃収入とか投資などで稼ぎ口がない限り、普通は無収入だと思います。

収入ゼロとなると、他の多くの業者と同じで、ライフティも借り入れは基本できません。

「他の業者でもいいから専業主婦が借りれるところはないの?」という場合は、こちらのページを参考にしてみてください。

本当に信頼できる業者なの?

とかくグレーなイメージがつきまとう中小の貸金業者の中にあってライフティは安心して借入ができる業者と、ぜにぞうは断言できます。

現在、本社は東京都中央区日本橋堀留町に構えますが、以前(2019年2月22日まで)は新宿区歌舞伎町という立地だったので、荒れていた時代の歌舞伎町を知っている人だと闇金とダブらせてしまいがちですが、きわめてクリーンでまっとうな業者です。

「なんで、そんなこと言えるんだよ?」と言われそうですが、ライフティの貸金業登録番号を見ればそれが客観的にわかります。

東京都知事(6)第28992号

これはライフティの貸金業登録番号で、金融庁のデータベースに登録されているのですが、ポイントはカッコ内の「4」という数字です。この数字は、はじめて登録されてから、3年毎の更新の度にカッコ内の数字が増えていきます。

更新の時には業者としてふさわしいかどうかの審査があるので、少なくとも厳しい認定を4回クリアしているということになります。

さらに、ホームページには、
日本貸金業協会会員:第005552号

という表示があるのですが、これは業界組織に加盟しているという証です。

ぜにぞうは、前職の関係で、この協会に加盟するためには、ムチャクチャ高いハードルがあることを知っています。

中小の消費者金融の中には、日本貸金業協会に加盟していない業者はザラにあるので、協会会員になっているということは、水戸黄門で言ったら、この紋所が目にはいらぬか?と言ってかざす葵の紋章のように権威あるものです(笑

それでも不安な場合は、、、

ここまで読んでも、「信用できる業者かまだちょっと不安なんだけど、、」という場合は、こちらのページを読んでもらえれば、表からは見えないライフティの真の顔がわかって信用せざるをえないと思います。

返済シミュレーション

ライフティクで借りたときの返済計画をシミュレーションしてみました。

借入利率は年18.0%、借入残高に応じた最低返済金額を返済する場合の返済シミュレーションになっています

5万円を借入した場合

(単位:円)

回数 返済額 うち元金 うち利息 借入残高
1 5,000 4,137 863 45,863
2 5,000 4,209 791 41,654
3 5,000 4,282 718 37,372
4 5,000 4,355 645 33,017
5 5,000 4,431 569 28,586
6 5,000 4,507 493 24,079
7 5,000 4,585 415 19,494
8 5,000 4,664 336 14,830
9 5,000 4,745 255 10,085
10 5,000 4,827 173 5,258
11 5,000 4,910 90 348
12 353 348 5 0
累計 55,353 50,000 5,353 0

10万円を借入した場合

(単位:円)

回数 返済額 うち元金 うち利息 借入残高
1 5,000 3,274 1,726 96,726
2 5,000 3,331 1,669 93,395
3 5,000 3,388 1,612 90,007
4 5,000 3,447 1,553 86,560
5 5,000 3,506 1,494 83,054
6 5,000 3,567 1,433 79,487
7 5,000 3,629 1,371 75,858
8 5,000 3,691 1,309 72,167
9 5,000 3,755 1,245 68,412
10 5,000 3,822 1,178 64,590
11 5,000 3,889 1,111 60,701
12 5,000 3,956 1,044 56,745
13 5,000 4,024 976 52,721
14 5,000 4,093 907 48,628
15 5,000 4,163 837 44,465
16 5,000 4,235 765 40,230
17 5,000 4,308 692 35,922
18 5,000 4,382 618 31,540
19 5,000 4,458 542 27,082
20 5,000 4,535 465 22,547
21 5,000 4,611 389 17,936
22 5,000 4,691 309 13,245
23 5,000 4,772 228 8,473
24 5,000 4,854 146 3,619
25 3,681 3,619 62 0
累計 123,681 100,000 23,681 0

20万円を借入した場合

(単位:円)

回数 返済額 うち元金 うち利息 借入残高
1 9,000 5,548 3,452 194,452
2 9,000 5,644 3,356 188,808
3 9,000 5,742 3,258 183,066
4 9,000 5,841 3,159 177,225
5 9,000 5,942 3,058 171,283
6 9,000 6,044 2,956 165,239
7 9,000 6,148 2,852 159,091
8 9,000 6,255 2,745 152,836
9 9,000 6,363 2,637 146,473
10 9,000 6,477 2,523 139,996
11 9,000 6,591 2,409 133,405
12 9,000 6,704 2,296 126,701
13 9,000 6,820 2,180 119,881
14 9,000 6,937 2,063 112,944
15 9,000 7,056 1,944 105,888
16 9,000 7,178 1,822 98,710
17 9,000 7,301 1,699 91,409
18 9,000 7,427 1,573 83,982
19 9,000 7,555 1,445 76,427
20 9,000 7,685 1,315 68,742
21 9,000 7,814 1,186 60,928
22 9,000 7,949 1,051 52,979
23 9,000 8,086 914 44,893
24 9,000 8,226 774 36,667
25 9,000 8,368 632 28,299
26 9,000 8,512 488 19,787
27 9,000 8,659 341 11,128
28 9,000 8,808 192 2,320
29 2,360 2,320 40 0
累計 254,360 200,000 54,360 0

30万円を借入した場合

(単位:円)

回数 返済額 うち元金 うち利息 借入残高
1 13,000 7,822 5,178 292,178
2 13,000 7,957 5,043 284,221
3 13,000 8,095 4,905 276,126
4 13,000 8,234 4,766 267,892
5 13,000 8,377 4,623 259,515
6 13,000 8,521 4,479 250,994
7 13,000 8,668 4,332 242,326
8 13,000 8,818 4,182 233,508
9 13,000 8,970 4,030 224,538
10 13,000 9,131 3,869 215,407
11 13,000 9,293 3,707 206,114
12 13,000 9,453 3,547 196,661
13 13,000 9,615 3,385 187,046
14 13,000 9,781 3,219 177,265
15 13,000 9,949 3,051 167,316
16 13,000 10,120 2,880 157,196
17 13,000 10,295 2,705 146,901
18 13,000 10,472 2,528 136,429
19 13,000 10,652 2,348 125,777
20 13,000 10,835 2,165 114,942
21 13,000 11,017 1,983 103,925
22 13,000 11,207 1,793 92,718
23 13,000 11,400 1,600 81,318
24 13,000 11,597 1,403 69,721
25 13,000 11,797 1,203 57,924
26 13,000 12,001 999 45,923
27 13,000 12,208 792 33,715
28 13,000 12,419 581 21,296
29 13,000 12,633 367 8,663
30 8,812 8,663 149 0
累計 385,812 300,000 85,812 0

50万円を借入した場合

(単位:円)

回数 返済額 うち元金 うち利息 借入残高
1 15,000 6,370 8,630 493,630
2 15,000 6,480 8,520 487,150
3 15,000 6,592 8,408 480,558
4 15,000 6,706 8,294 473,852
5 15,000 6,822 8,178 467,030
6 15,000 6,939 8,061 460,091
7 15,000 7,059 7,941 453,032
8 15,000 7,181 7,819 445,851
9 15,000 7,305 7,695 438,546
10 15,000 7,442 7,558 431,104
11 15,000 7,580 7,420 423,524
12 15,000 7,710 7,290 415,814
13 15,000 7,843 7,157 407,971
14 15,000 7,978 7,022 399,993
15 15,000 8,115 6,885 391,878
16 15,000 8,255 6,745 383,623
17 15,000 8,397 6,603 375,226
18 15,000 8,542 6,458 366,684
19 15,000 8,689 6,311 357,995
20 15,000 8,837 6,163 349,158
21 15,000 8,974 6,026 340,184
22 15,000 9,129 5,871 331,055
23 15,000 9,286 5,714 321,769
24 15,000 9,447 5,553 312,322
25 15,000 9,610 5,390 302,712
26 15,000 9,776 5,224 292,936
27 15,000 9,944 5,056 282,992
28 15,000 10,116 4,884 272,876
29 15,000 10,291 4,709 262,585
30 15,000 10,468 4,532 252,117
31 15,000 10,649 4,351 241,468
32 15,000 10,833 4,167 230,635
33 15,000 11,020 3,980 219,615
34 15,000 11,210 3,790 208,405
35 15,000 11,403 3,597 197,002
36 15,000 11,600 3,400 185,402
37 15,000 11,800 3,200 173,602
38 15,000 12,004 2,996 161,598
39 15,000 12,211 2,789 149,387
40 15,000 12,422 2,578 136,965
41 15,000 12,636 2,364 124,329
42 15,000 12,855 2,145 111,474
43 15,000 13,076 1,924 98,398
44 15,000 13,302 1,698 85,096
45 15,000 13,532 1,468 71,564
46 15,000 13,765 1,235 57,799
47 15,000 14,003 997 43,796
48 15,000 14,245 755 29,551
49 15,000 14,490 510 15,061
50 15,000 14,741 259 320
51 325 320 5 0
累計 750,325 500,000 250,325 0