SMBCモビット

静止画(両人)

SMBCグループのSMBCモビットは、申込みから利用まで電話連絡や郵送物がいっさいなく、ネットだけで手続きできる「WEB完結申込み」が最大の特徴。

※審査に必須と思っていた電話連絡がない理由については、このページの後半の「自宅・勤務先への電話連絡がないない理由」の項目で説明しています。

しかも、カードレスなので入会完了メール到着後、すぐに利用できます。通常なら必要になる手続きを一部ショートカットしてわずらわしさを軽減しているので、今日中にキャッシングしたい、という人には頼れる申込み方法です。

さらに会員専用Myモビを使って、原則24時間最短3分で振込キャッシングが可能!スピード重視の人には見逃せません。

領収書や利用明細を郵送ではなくネットでダウンロードできる「電子領収書サービス」も便利!近くの銀行・コンビニなど提携ATMネットワークが広いので利便性もバツグン!

実質年率 利用限度額 審査時間 融資スピード
3.0~18.0% 1~800万円 最短即日 可能※
申込年齢 総量規制 来店必須の有無 職場連絡
20歳以上69歳以下 対象 ネットで完結 あり

※審査結果によっては、当日融資の希望に沿えない場合もあります

ぜにぞう

家族バレしたくない人にオススメな業者として紹介!

ぜにぞうの個人的な意見ですが、家族バレしにくい名人技を探している人は、SMBCモビットが一番オススメと考えています。
その理由を余すことなく紹介しているページです。よかったら参考にしてみてください!

「家族バレしたくない人にSMBCモビットがオススメな理由」へ進む>>

WEB完結申込みで今日中のキャッシングが可能

結論から言うと、モビットは原則当日のキャッシング借入れが可能です!

モビットのインターネット申込み専用ページへ行くと、「WEB完結申込」というメニューが目に飛び込んでくるんですが、このWEB完結申込みという方法で、即日キャッシングを実現します。

なぜ、WEB完結申込みがそんなに速いのかというと、申込みから利用まで電話連絡や郵送物のやりとりがいっさいないからです。

つまり、普通であれば必要な手続きの一部を省略しているということです。

借入れを急いでいる人はもちろんですが、「忙しいからわずらわしい電話でのやり取りはしたくない」とか、「誰にも知られずにキャッシングしたい」という人にとっても、かなーーーり嬉しいサービスです。

手続きをショートカットできることは、申込む側からするとうれしいことなんですが、ある意味、優遇された申込み方法なので、利用するための条件が4つあります。

預金通帳

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていること

モビットからの振込口座にもなります

本人確認書類

本人を確認できる書類があること

運転免許証またはパスポートのいずれかの写し

収入証明書類

収入を証明できる書類があること

源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書(直近2ヶ月分)のいずれかの写し

勤務先確認書類

勤め先を確認できるものがあること

健康保険証、給与明細書(直近1ヶ月分)の2つの写し

上記書類は、比較的すぐ用意できると思いますが、銀行口座がネックになりそうですね。

もちろん、全ての人が上の条件を満たせるわけではないので、そういう場合は、通常の申し込み方法で申し込むことになりますが、たとえそうなったとしても、審査の基準はWEB完結申込みと同じです。

即日融資はSMBCモビット1強に!

ぜにぞう
ノンバンク業界初サービス!
即日融資はモビットが本命に。

ある意味、即日融資を狙うならモビットが最強です!

というのも、即日融資がかなう業者はいくつかありますが、いずれもローンカードの到着を待つか、無人契約機に取りにいく必要があります。

初回融資を振込みでしてくれる業者もありますが、銀行の営業時間に左右されるので14時頃には審査が終わっていないとダメ、いずれにしても確実とはいえません。

でもモビットの新サービスは、この点をクリアしていて、スマホアプリを使いカードレスで借入れできるので、確率がグンとアップします。

あらかじめSMBCモビット公式スマホアプリ(無料)をダウンロードしておけば、セブン銀行ATMでモビットカードを使わずにスマートフォンだけで入出金が可能です。なんてカッコいい!

セブン銀行ATM

利用範囲はセブン銀行ATMに限られますが、セブン-イレブンにあるので原則24時間365日利用可能、利便性はバツグンです。

申込みが午後とか、夜になってしまった場合の即日融資で考えると、モビット1強といっていいです。

ぜにぞう目線では、

  1. 時代の先端を行っていて単純にカッコいい
  2. うっかり財布を忘れてもスマホで出金可能
  3. 財布の中をのぞかれるスキを与えない
  4. カードの到着を待たずに出金できる(申込み当日の借入れが可能に)

といった点に魅力を感じています。

このサービスは、iOS、Android の両OSに対応、ほぼ全てのスマートフォンに対応するほか、ちょっと専門的になりますが、使用するQRコードは特殊ロジックにより作成されワンタイム発行をするので、ICカード利用時と同水準の高い安全性が確保されていて安心です。

出金取引イメージ

①スマホアプリを起動 → ②金額を入力 → ③QRコードを読み取り → ④企業番号と暗証番号の入力、という簡単操作です。

モビットスマホアプリの出金イメージ
引用元 http://www.mobit.ne.jp/other/info/pdf/news_release_20170321.pdf

在籍確認について

インターネット取引でいちばんコワイのが「なりすまし」っていうヤツです。

なので何らかの方法で本人に一度は接触する必要があるわけで、ネットを使ったキャッシング申込時の電話連絡(在籍確認)もそのためのものです。

今や主流になったWeb完結という申込方法ですが、審査の過程で業者から自宅や勤務先へ電話がかかってくるステップは残っています。

申し込み→審査→カード受取という一連の手続きすべてがWeb完結というわけではありませんし、書類の郵送がこれに加わるケースもあるので、「申し込みがWeb完結」というのが正しい表現かもしれません。

そんな中にあって、SMBCモビットのWEB完結申込みは、その重要なはずの自宅・勤務先への電話連絡の工程がありません。

自宅・勤務先への電話連絡がない理由

普通に考えると、どこの馬の骨ともわからない人と契約することになるので、自宅・勤務先へのの電話連絡がないことは不思議に思ってしまいます。

しかしそこにはちゃんと理由があって、SMBCモビットは、電話しなくてもどこの馬の骨かわかる別の方法を使っているんです。

実はWEB完結というのは、下の条件をすべてクリアしてはじめて利用できる申込方法なんです。

  1. 本人を確認できる書類があること(運転免許証、パスポート)
  2. 収入を証明できる書類があること(源泉徴収票、給与明細書など)
  3. 三井住友銀行か、三菱UFJ銀行の口座を持っていること
  4. 健康保険証を持っていること

1.本人確認書類と2.収入証明書類は他の業者でも必須の書類なのですが、注目すべきは3と4です。

銀行口座をもっていれば、ある程度の素性はわかります。少なくとも、どこの馬の骨かわからない、ということはないですよね。

そして健康保険証というのは、企業の健康保険組合や公務員の共済組合等が発行している組合保険証、もしくは全国健康保険協会(協会けんぽ)が発行している社会保険証のどちらかを持っていることが条件です。

それを見れば、勤務先の確認ができてしまうわけです。

※自営業者の国民健康保険証や船員保険証だと残念ですが対象外になっています。

決して、本人確認や在籍確認という重要な作業を省いているわけではなくて、別の手段をとることでそれを補っているというのが実態です。

三井住友銀行か三菱UFJ銀行の口座を持っていることがネックになりそうですが、電話連絡がないだけでも手続きがカンタンになり、審査のスピードアップになります。

ですからもしどちらかの銀行の口座を持っている人は、見逃せないサービスだと、ぜにぞうは考えています!

自宅以外でカード受け取りOK

SMBCモビットはコンビニなど自宅以外でカード受取が可能

SMBCモビットが、2019年11月25日に開始したのが、希望すれば自宅以外でモビットカードを受け取りできるサービス。

日本郵便がECサイト等を中心に提供している「コンビニ・郵便局窓口受取サービス」を利用するもので、今までのカード受け取り方法とは一線を画す新たなサービスです。

モビットカードがゆうパックで指定のコンビニ等に到着するので、土日祝日でも好きなときに受け取りが可能。契約時の自宅宛郵便物を避けたい人や、留守がちでなかなか受け取りできない人にとっては重宝しますね。

SMBCモビットはカードレスタイプの契約もできるので、郵便物を避けたい人の中には、本当はカード現物がほしくても、泣く泣くカードレスタイプを選択する人もいますが、そういう人にとっても朗報です。

▼こんなニーズの人には便利

  • 遅い時間に受け取りたい
  • 会社の近くで受け取りたい
  • 家族に内緒で受け取りたい
  • 買い物ついでに受け取りたい
  • 急な予定が入って家にいない

なお、本サービス利用の費用はかかりませんが、審査結果によっては利用できないケースがあります。

受取できる場所

サービス開始時点で、カード受け取りを指定できる場所は以下の通りです。

  • コンビニ(ローソン、ミニストップ)
  • 郵便局(簡易郵便局は除く)
  • はこぽす(一部 PUDO 含む)

※「はこぽす」とは、荷物や郵便物を郵便局などに設置されたロッカーで受け取りまたは差し出すことができるサービス。

サービス利用の流れ

コンビニ等でのモビットカード受け取りの流れは以下の通りです。

  1. 1.モビットカードの申込・契約
    ※コンビニ等での受け取りを希望の場合は、審査の際に審査書類と一緒にご自身の顔写真等を送る必要があります(後述)

  2. 2.受け取り店舗指定
    ※審査結果によっては利用できないケースがあります

  3. 3.モビットカードがコンビニ等に到着するとショートメッセージサービスでスマホに通知

  4. 4.コンビニ等でモビットカード受け取り
    ※受け取り方法はショートメッセージサービスに記載

本人確認の方法は?

消費者金融などのカードは、通常、自宅に郵送することで本人確認を行っています。では、自宅宛に郵送されないこのサービスはどのように本人確認を行うのか?

実はこのサービス導入と同時に、SMBCモビット公式スマホアプリによる「オンライン本人確認」が導入されました。

このオンライン本人確認は、SMBCモビットの公式スマホアプリから運転免許証等の本人確認書類と顔写真画像を撮影・送信できるサービス。

このサービスを利用することで、本人確認を行う仕組みになっています。

【参考サイト】

SMBCモビットのニュースリリース資料
https://www.mobit.ne.jp/company/news/analysis/191125b/newsrelease.pdf

契約後の利用もラクラク!Myモビ

契約後の快適なキャッシングライフをサポートしてくれるのが、モビットの会員専用サービス「My モビ」です。

何ができるかあげると書ききれないので、ひと言で言うなら、インターネットにつながる環境なら、キャッシング利用に関することがほぼ全て、24時間いつでもできてしまうということです。

一番近いATM の場所を検索したり、利用履歴を見たり、返済予定を確認できたりと、たいていのことができてしまう優れものです。

そんな中でも、ぜにぞうが「こりゃ、いいわ!」と思ったのが原則24時間、最短3分で振込キャッシングが可能なこと。

携帯料金の引き落としを忘れてたあ!とか、今日、公共料金の引き落とし日だった!みたいにあせった時でも安心。

野球でいったら、1点ビハインドの9回裏2アウト満塁で、打率10割の代打が登場するくらい頼もしい機能です!

電子領収書サービスでプライバシーも安心!

領収書や利用明細書を郵送ではなく、ネットでダウンロードできる「電子領収書サービス」を利用できます。パソコンで管理できるので、紛失・盗難を防止できプライバシーも安心です。