アコムで借りてて三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックでも借りられるのか?もしくはその逆のケースを考えている人もいると思います。

どちらのケースでも同じことが言えますが、ここではアコムで借りていてバンクイックを申込むケースで解説します。

両方から借りられる?

このページのタイトル「アコムで借りていてバンクイックでも両方借りれる?」が気になった人は、かなり勉強熱心な人です。

黒子とも言うべきバンクイックの保証会社がアコムであることを知っている時点で、人並み以上の知識を持っています。

で、結論ですが答えはYESで、アコムで借りてて残高ありでもバンクイックで借りることは可能です。

その理由を2つの切り口で説明します。

アコムとバンクイックは身内でもお金の管理は別

アコムから借り入れがあると、バンクイックの審査に影響するんじゃない?と不安になるのは、アコムとバンクイック(三菱UFJ銀行)の血のつながりの強さを意識してのことだと思います。

アコムとバンクイックは同じMUFGグループの企業であることや、バンクイックの保証をアコムが担っているという身内の関係があるので両者を同一視してしまいがちですが、それはちょっと違います。

例えば、仮にバンクイックの保証会社がSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)だったとして、プロミスで借りてて残高ありの時、バンクイックで借りれるかなあ?と不安になったりしないと思いますが、アコムもこの場合のプロミスと同じです。

つまり、バンクイックはあくまで三菱UFJ銀行のローン商品で、融資する主体は三菱UFJ銀行なので、そこにアコムの既存取引が特別な意味を持つことはありません。

もちろん、アコムも他社借り入れとしてはカウントされますが、プロミスやノーローンなどの他社と同じ扱いで、それ以上のことはありません。

ただ、ひとつだけ注意すべきことは、以前アコムの審査に落ちたことがある人やアコムによくない記録が残っている可能性がある場合は、バンクイックの申し込みは慎重にした方が良いです。

保証会社のアコムはバンクイックの審査をする時に、自社内に残された顧客情報をきっちりチェックするはずなので必ず見抜かれます。

バンクイックとアコムでは法的規制が異なる

言うまでもありませんがバンクイックの提供会社は三菱UFJ銀行で業態で言うと銀行です。一方のアコムは消費者金融。

消費者にお金を貸すということではどちらも同じ位置づけですが、実は銀行と消費者金融では大きな違いがあります。それが貸金業法の存在。

貸金業法という法律は、貸付けの利用者の利益を保護する目的で、消費者金融やクレジットカード会社等のに対する規制を定めた法律です。

貸金業法はあくまでも貸金業者に対して適用される法律で、これらの業者に対して同じ法の網がかけられています。さまざまなチェックが同じシステムの下で運用されているんですね。

ところが、銀行は貸金業者ではないので貸金業法は適用されず、各行が個々に決めたルールで運用されています。

貸金業者であるアコムとプロミスの両方を利用しようとすると、貸金業法という同じシステムの中でさまざまな制約が生じますが、銀行とは一線が引かれています。

法規制やシステム的な面からみても、バンクイックとアコムでは一定の距離があります。

バンクイック集約がおすすめ

ただ、アコムとバンクイックの二刀流でもいいのですが、長い付き合いを考えるとバンクイックを中心に使っていくのがメリットが大きいです。

理由は次の2つの項目で差がありバンクイックに軍配が上がるからです。

項目 アコム バンクイック
実質年率 4.7~18.0% 1.8~14.6%
提携コンビニATM 有料 無料

まず最高金利がアコム年利18.0%に対し、バンクイックは年利14.6%なので、 スタート時点から年利3.3%分だけバンクイックの方が有利です。

たかが年利3.3%と思うかもしれませんが、この差は結構大きいです。

さらに、バンクイックは利用限度額が10万円以上100万円以下だと年13.6%~14.6%、100万円超200万円以下だと年10.6%~13.6%というように、利用限度額に応じて適用される金利が明らかです。

それに対してアコムの金利適用ルールはブラックボックスなので読めません。ですので上限の18.0%を覚悟せざるを得ません。

そして、利用シーンとして多くなる提携コンビニATMの利用手数料が アコムが有料に対してバンクイックは無料という違いも大きいです。

1回の利用につき110円もしくは220円の手数料がかかるので、有料・無料の違いは長えば使うほど大きく現れます。

また将来、大口の借り入れが必要になることが絶対あるであろうことを想定すると、銀行との取引を深めておくことはプラスになります。





バンクイックの詳細ページはこちら>>