仕事を始めて1ヶ月や1年でキャッシング審査って通るのか?

勤続年数が短いと審査に不利なのはわかっちゃいるけど、1年未満どころか1ヶ月の状態でどうなの?と思ってしまいますよね?

そんな人に向けて貸金業務取扱者のぜにぞうが申し込む前に知っておきたい知識を解説します。

審査における勤続期間の位置づけ

この後の話がスッと入ってきやすいように、はじめにキャッシング審査における、勤続期間の位置づけを再確認しておきましょう。

銀行カードローンであれ、消費者金融であれ、どの業者の申込条件を見ても「安定した収入のある方」という表現が必ずありますよね。

まさにそれが業者側がいちばん重視することで、それを測るモノサシにしているのが勤続年数なんですね。

はっきり言うと、収入の「高さ」ではなく「収入の安定性」が大事だということ。




勤続年数が長ければ長いほど、「今後も継続して勤務する可能性が高い=収入が安定」と判断され、

反対に、勤続年数が短いと、「またすぐ辞めてしまう可能性大=収入が不安定」と判断されて、審査上不利になってしまうということです。

そもそも勤続年数が短いってどのくらい?

勤続年数が短くても借りれるところがあるかどうか?を考える場合、「どのくらいだと短いと見られるのか?」を知る必要があります。

ちょっと話がそれてしまいますが、貸金業者や銀行などお金を貸す側のビジネスがどういうものかというと、お金を貸して、利息をいただく、というシンプルなものです。

なので、「この人は、真面目に返済してくれて、もうけさせてくれるか?」ということが業者が審査で見るポイントになります。

その”真面目に返済してくれるかどうか”を判断する項目のひとつが勤続年数です。

ただ、実際のところ、勤続期間が何ヶ月以上とか何年以上ならOK、という明確な基準が業者側にあるわけではありません。

もっとはっきり言うと、今の会社の勤務年数だけ聞いても何も判断できません。

履歴書のように過去の職歴を全て情報開示するということなら、過去の歴史や流れがわかるのである程度、人物像がわかりますが、長い職歴の中で”今現在”というところで輪切りにした情報(=勤続年数)が分かっても、返済能力を測ることができないのが実情です。

ましてや、転職が珍しくない今の時代においては、勤続年数は昔ほど重要な要素ではなくなってきています。

元貸金業者マンのぜにぞうの口から言えるのは、貸金業者は、お客の業種、職種、年齢、年収、勤務年数など複数の項目を使っていわゆる”総合的に”審査します。

なので、勤務年数が短いことの一つだけをみてマイナス評価したりはしません。

ですので、勤務年数を気にする必要はまったくありません。勤続期間が1ヶ月や3ヶ月であろうが半年、1年であろうが、気にしていたらエネルギーを浪費するだけに終わってしまいます。

勤続1ヶ月でもキャッシングは可能

とはいっても、業者によって審査基準が異なるので勤務期間が短いのは長い場合と比べて不利なのは仕方のないこと。

問題は、その「短かさ」がどのくらいの期間なのか?が知りたいわけですよね。

でも、その考え方自体がそもそも少し違います。

仮に1ヶ月間がダメで、2ヶ月なら良いのでしょうか?はたまた3ヶ月とか半年、1年なら問題ないのでしょうか?

ちょっと想像してみてください。1ヶ月勤務した人と、3か月勤務した人が並んで立っていたとして、3倍長い期間働いている3か月勤務の人が「安定している」って言えます?

言えないですよね?1ヶ月も3ヶ月も大差ないです。つまり、勤務年数を細かくしてみる意味はあまりありません。

勤続1ヶ月であっても、ある判断材料を示すことができればキャッシングできないわけではありません。

大事なのは客観的に年収を示せること

勤続1ヵ月ということは、初回の給料をもらっていると思います。ということは給与明細書が手元にあるはず。

キャッシングの申込みの際に書く年収は見込み額で大丈夫です。給与明細書の「支給総額×12」をすれば見込み年収がでますね。それを書けばよく、それが客観的な情報になります。

源泉徴収票があれば、それに越したことはありませんが、この客観的に収入を推測できる材料を示せることが大事。

この先何年勤務するかは誰も予測しようがないわけですから、見込みの年収がわかったうえで、あとは他の属性情報から総合判断することになるんです。

なので、勤続年数が1ヵ月という「ただそれだけ」のことで、審査に落ちるわけではないんですね。

今や転職は特別なことではないし、年齢や未婚・既婚など他の情報によっても見方が違ってきます。

さすがに、まだ一度も給料もらっていません、みたいなタイミングでは難しいと思いますが、勤続1ヶ月でのキャッシング審査に悲観的になることはないです。

気にすべきは、信用情報機関に登録された自分の金融履歴。過去に金融事故(3か月以上の長期延滞や自己破産など)があると致命傷です。

審査をよりスムーズに進めるコツ

勤続年数が短いハンデを持っていることには変わりないので、少しでも審査を有利に進めるために以下の4つを注意したいです。

  1. 希望の利用限度額を出来るだけおさえる
  2. 虚偽の申告をしない
  3. 在籍確認を確実に行えるようにする
  4. 銀行ではなく消費者金融を選ぶ

希望の利用限度額をおさえる

利用限度額が高くなればなるほど審査が厳しくなります。

なので、目途として30万円以下に設定することをおすすめします。

できれば10万円程度におさえて、契約後、実績を積んでから限度額アップの申請をするのが賢い方法です。

虚偽の申告をしない

勤続年数などをごまかしたい衝動にかられます。でも虚偽の申告は絶対にバレます。

相手は審査のプロですから、つじつまが合わないところを見逃しません。

ささいなウソだとしても、「平気で虚偽申告をする人」と審査担当者にレッテルをはられたら、本来通る審査も通りません。

在籍確認を確実に行えるようにする

お決まりのことですが、審査段階で勤務先に在籍確認の電話が入ります。

電話に出た人が、「○○はただいま席をはずしています」みたいに答えられればOKで、本人が電話に出る必要はありません。

ただ、もし個人的な電話に対応しないような職場の環境であるなら、前もって業者に事情を伝えておくことが大事。

電話以外の方法で個別に対応してくれることがありますので、変にごまかそうとしないで素直な姿勢が良い結果を生みます。

銀行ではなく消費者金融を選ぶ

勤続年数が短い場合は、銀行ではなく消費者金融を選ぶのが無難。

銀行カードローンと消費者金融の審査基準はだいぶ近づき、大きな差はなくなっていますが、やはり相対的に銀行は厳しめです。

勤続年数が短いときにターゲットにしたい業者

では、消費者金融の中でもどういった業者をターゲットにするのが、審査通過の確度が高いのかが重要ですね。

ぜにぞうの提案は、大手消費者金融の中で新規契約率の高い業者か、もしくは中小消費者金融を選ぶことです。

新規契約率の高い大手消費者金融を狙う

どの業者も審査基準は公開していないので、審査の通りやすさを外から知ることはできないですよね。

でもですね、大手の消費者金融は「ウチの審査ハードルの高さは、こんな感じでーす!」と公表しています。




「えっ?じゃあ、いちばん条件の良い業者に申込めばいいってこと?」という流れになると思いますが、実はその通りです。

ぜにぞうが分析した結果をまとめていますので、大手を狙いたい場合は以下ページを参考にしてください。

柔軟審査の中小消費者金融を狙う

審査が甘いというと、読んだ人をあおるような感じがしてイヤなのですが、大手にもれた人が中小消費者金融に集まるのも事実。

中小消費者金融も受け皿として顧客にあった審査態勢をひきます。




振込みキャッシングになる点は利便性で大手に見劣りしますが、審査の柔軟性は逆に大手に勝ります。

中小は怪しいイメージがあって安心できないかもしれませんが、金融庁や日本貸金業協会で正規の業者であることを確認できます。

【参考サイト】

金融庁「登録貸金業者情報検索サービス」
https://clearing.fsa.go.jp/kashikin/

日本貸金業協会「協会員名簿」
https://www.j-fsa.or.jp/association/member_info/

ぜにぞう自身が、金融庁の貸金業登録と業界団体である日本貸金業協会の会員であることを確認済みの、おすすめ安心業者を以下ページで紹介しています。

まとめ

キャッシング審査では、収入の「高さ」よりも「収入の安定性」が重視。そのモノサシが勤務年数。

勤務年数が長い方が有利なのは事実ですが、短いからと言って悲観的になる必要はありません。

年収を客観的に示せることが大事で、その意味では勤続1ヶ月であれば、給与明細書もあり年収を計算できます。そのことが重要なこと。

勤続3ヶ月とか6ヶ月は誤差の範囲。なので、仕事を始めたばかりを過剰に気にする必要はありません。

新規契約率の高い大手消費者金融か、もしくは中小消費者金融をターゲットにするとより審査が通りやすいです。